京都 苔 ~龍源院の苔~ -京都市 北区-

2012-01-26

【龍源院】

龍源院は京都市北区にある、臨済宗大本山大徳寺の塔頭。
大仙院を本庵とする大徳寺北派に対して、南派の本庵とされてい。
山号は、龍宝山で東渓宗牧が開山し畠山義元・豊後の大友義長により創建される。

臨済宗は、中国禅宗五家のひとつで、
中国禅興隆の頂点を極めた唐の臨済義玄を宗祖とする。

宋時代の中国に渡り学んだ栄西らにより鎌倉時代に日本に伝えられる。
現在の日本の臨済宗は江戸時代に白隠が再興したもので日本の臨済宗は、
日本の禅の宗派のひとつである。




龍吟庭は室町時代の枯山水庭園で
中央の石組は須弥山を表し
スギゴケは洋々たる大海を表している。



一枝坦
丸く象ったの中に石が立つ亀島が特徴的な庭。



東滴壺
昭和35年に作庭された現代壺庭の傑作。、



龍源院の枯山水

【Happymoss:屋上緑化、屋根緑化に関するお問い合わせはこちら】
http://shop.happymoss.com/?mode=f8

【Happymoss:苔 庭に関するお問い合わせはこちら】
http://shop.happymoss.com/?mode=f18

(C)hiro,2010

京都 苔 ~三千院の苔~ -京都市 左京区-

2012-01-25

京都市左京区にある天台宗の寺院「三千院」。
山号は、魚山で三千院門跡とも称する。

本尊は薬師如来、開山は最澄で
天台宗の三門跡寺院の1つでもある。
http://www.sanzenin.or.jp/

三千院は天台三門跡の中でも最も歴史が古く重なる移転の後、
1871年(明治4年)に現在地に移り、「三千院」あるいは「三千院門跡」
という寺名は1871年以降使われるようになった。

往生極楽院は12世紀に建てられた阿弥陀堂で、
内部には国宝の阿弥陀三尊像を安置している。

大乗仏教の宗派のひとつである天台宗は
中国より平安時代初期(約800年)に最澄によって伝えられた。

境内北側には宸殿、客殿とそれらを囲む有清園、聚碧園と呼ばれる池泉回遊式庭園がある。

春は桜、秋は紅葉が美しい。

三千院にも素敵ながあり「和」を放ってくれている。

【Happymoss:屋上緑化、屋根緑化に関するお問い合わせはこちら】
http://shop.happymoss.com/?mode=f8

【Happymoss:苔 庭に関するお問い合わせはこちら】
http://shop.happymoss.com/?mode=f18

Copyright(c) 2010 苔 と始めるグリーン生活。小さな緑の小さな幸せ。簡単お手入れ、簡単加工な苔を扱う通販サイト, All Rights Reserved.