育成する土壌が決まっている苔

CATEGORY: 苔について

みなさんは苔が生えているのをイメージした時
どんな環境を想像されますか?

おそらく、庭の片隅の湿った土の上などを想像されているでしょう。

実は、苔が生えるのは土の上だけではなく
岩の上や木の幹にも生えるのです。

しかも、何の上に生えるか種類によってほぼ決まっています。

土の上に生える種類はどんな場所でも土の上に生えてきます。
岩の上に生えているように見えても、岩の上だったりします。

苔を採取するときは他の植物の場合と違い
何の上に生えているかを記録します。

なぜ生える場所が決まっているかは、苔のまだわかっていないことの一つです。

苔が育成するの場所は
「土の上」「岩の上」「樹幹」の3つに別けることができます。
 

 

土の上

土の上ではさまざまケースがあり
赤土など粘土状の土、砂利が多い土、彼はや小枝が混じっている腐葉土など
種類によってどんな土壌に生育するかほぼきまっています。

苔庭でよく使用されるウマスギゴケやオオスギゴケは
水はけの良い土壌が適しています。

コウヤノマンネングサやオオカサゴケは
腐葉土に大群落をつくっていることがよくあります。
 
 
岩の上

岩の上に生育する場合、岩が塩基性か酸性であるかにより
すなわち石灰岩かそうでないかにより、出現する種類が違うことが知られています。

石灰岩に生育する種類は必ず石灰岩に出現し、他の岩に出現するのは稀です。

樹幹の上

樹幹に生育する場合、岩上の場合ほど顕著ではないようです。
ただ、樹種によって樹皮の形状の違いや樹皮が剥がれややすいなど
苔が生育しやすいかそうでないかはあるようです。

なぜ生育する場所が決っているか?

それぞれの苔の種類はなぜ特定のものの上に生育するのでしょう?
各生育条件を比べてみると、水分条件が異なることは簡単に予想できます。

苔の繁殖方法を考えた場合、どこに生育するか決まっているのは不思議です。
苔は胞子や無声がと呼ばれる繁殖器官によって増え
胞子の大きさは直径20ミクロンほどになり、空気中を長時間漂ういます。

胞子がどこに付着するか選んでいるとは考えられません。
無差別に様々なものに付着しているでしょう。

胞子や無声がは適した条件下であれば、どんなものの上であれ発芽するはずですが
苔の種によって生育する場所が決まっているのは、胞子や無性芽から苔の植物体が形成されるまでの過程で
なんらかのドラブルが生じていることが想定できます。

しかし胞子や原糸体の芽はとても小さいため観察が難しいようです。

まとめ
 
・苔が何の上に生えるか種類によってほぼ決まってい
・苔が育成するの場所は「土の上」「岩の上」「樹幹」の3つ
・なぜ生える場所が決まっているかはまだわかっていない

苔の成分にはがん細胞を抑制する効果がある!?

CATEGORY: 苔について

日本の漢方医学では苔は利用されませんが
漢方の祖である自然界から薬を用いる中国医薬では利用されています。

苔で主に利用されるのは蘚類になります。

「中国での蘚類の利用」という論文には
オオスギゴケが「解熱」「利尿剤」、オオカサゴケが「心臓血管病」
の薬として活用されていることをが紹介されています。

また、「中国薬用胞子植物」には
600種以上の胞子植物が掲載されており
そのうち37種が薬用コケ植物として挙げられています。

上記には外用と内容の両方があり
全般的に「解熱」「解毒」「止血」「鎮痛」に効果があります。

薬用の苔として最も有名なものは、蘚類オオカサゴケで
全草を夏秋に採取して陰干しし、他の薬剤と処方し煎じて活用すると
「高血圧」「冠心症」「神経衰弱」「切り傷」などに効果があるとのこと。

また、どこにでもある蘚類ギンゴケを細かく砕いてガーゼに包み
鼻腔に入れると「鼻道炎」に効くとされています。

苔類からは蘚類以上に薬理作用を持つ様々な物質が分離されていて
「抗腫瘍剤」としての効果があるものも発見されているそうです。


 
 
苔に驚きの成分

最近では、コケ植物の成分を薬として医学利用する研究をされている
徳島文理大薬学部 浅川義範教授はこれまで1000種類以上で
この中からがん細胞やインフルエンザウィルスを抑制する
天然化合物を見つけたというニュースがありました。

欧州ではすでに利用され中国では研究開発が進んでいるそうです。
浅川教授によると「日本でごく普通に生えている足元のコケには、
実は驚くような成分が含まれている」とのこと。

医学の中で近い将来、人類にとってとても大きな価値を与えてくれるかもしれませんね。
 
 
まとめ

・薬用として昔から苔は活用され様々な効果がある
・苔にはインフルエンザやがん細胞に効果を抑制する天然化合物がある

苔はカビが生えにくい

CATEGORY: 未分類

外で採ってきた苔をしばらくのあいだ生かせておくのであれば
少し湿らせてから家庭用のポリ袋に入れてしっかりと密閉し
室内の暗くは無いけれども直接日光が当たらない場所に保管するのが
一番手間がかからない方法になります。

苔には根っこが無いため栽培するために土は不要で
養分もとりたてて与える必要はなく
これだけで数ヶ月は大丈夫です。

ときどき霧吹きなどで水やりをすることさえ忘れなければ
長期間にわたり生かせておくことができます。
 

 
 

苔の抗菌作用による効果

ただし、これは苔植物だけに使える方法で
他の植物でためしてみると、弱いもので
数日でカビが生えたり腐り初めたりします。

この違いは苔植物が体内で作り出している
「抗菌作用」を持つ物質の働きによるものなのです。

「カビが生えにくい」仕組みが苔植物には備わっているのです。
 
 

苔植物から抽出されるポリフェノールケイの物質
またはメタノールから得られる物質は
グラム陰性菌やグラム陽性菌、病原性カビ類の
成長を阻害する作用のあることが実験で確かめられています。

日本産蘚類80種で調べたところ
そのほとんどに何らかの抗微生物物質が確認された報告もあります。

ただ、苔植物は体が小さいため
成分分析に必要な膨大な量のサンプルを集めることな困難なため
効果があることはわかっていても、どのくらいの量で効き目が生じるか
定量的な研究はまだまだとのことです。
 
 

<まとめ>

・苔は条件を守れば長期間保存ができる
・苔には抗菌作用を持つ物質が備わっている
・抗菌作用物質があるためカビが生えにくい
 
 

ミズゴケは生活に身近な実用的価値の高い苔

CATEGORY: 苔について

ミズゴケは蘚類の仲間でとても変わった特徴を持っています。
ミズゴケは単独でミズゴケ科からなり
世界に約300種類、日本には約40種類が分布しています。

日本でミズゴケを意識する機会はすくないですが
北半球高緯度地方では、広大な面積のミズゴケ湿原があります。
ミズゴケ類のほどんどの種類は湿原や湿地など水が豊富にあるエリアに生息します。
 
 

 
 

特に変わっているミズゴケの細胞

ミズゴケの独特な特徴として構成する細胞が挙げられ
この細胞は下記の2種類があります。

1)葉緑体を含む緑色細胞
2)中身の無い空っぽの透明細胞

透明細胞には大量の水を蓄えられることができ
貯水細胞とも呼ばれ、ミズゴケをミズゴケたらしめる要因となります。

ミズゴケは抜群の吸収力と抗菌性が備わっており
鉢植えの土に混ぜ保水性を高めたりと用途は様々です。

生のミズゴケをビニール袋に入れて室内に放置しても
カビがはえること無く数ヶ月も生き続けます。

ミズゴケの吸収性と抗菌性を利用して
第一次世界大戦では脱脂綿の代用品として
ミズゴケが大量に使用されたという記録があるとのこと。
 
 

ミズゴケは英語で「ピートモス」

英語でミズゴケのことを「ピートモス」と呼びます。
日本の園芸屋さんなどでもピートモスという乾燥させたミズゴケが売られています。

ミズゴケは腐りにくいため古くなった植物体が長い年月を経て
蓄積しピートモスとなります。

日本の湿原のち家には何百年何千年にわたって蓄積されたぶ厚いピート層があります。
 
 

食べれるミズゴケ

ミズゴケは食用として北極圏では用いられ
パンケーキを作る際、乾燥させたフレーク状のミズゴケを
増量剤として入れるとか、天ぷらにしたらサクサクで美味しいなど
一般的に人の食料として利用されることのない苔植物の例外といえるでしょう。
 
 

<まとめ>

・ミズゴケは湿地など水が豊富にあるエリアに生息する
・ミズゴケの細胞は2種類あり、水を貯める細胞がある
・ミズゴケには吸収性と抗菌性がある
・日常生活でもミズゴケは利用できる
・ミズゴケは食べることができる

苔が胞子をまく季節とタイミング

CATEGORY: 苔について

苔は胞子で増えるため花を咲かせることはありませんが
胞子を形成・収納している胞子嚢を苔の花と呼ばれることがあります。

胞子嚢が成熟して胞子をまく季節は
苔類や蘚類など種類によって割りとはっきり決まっているようです。

苔類の仲間のほとんどは低地で春先に胞子をまき
蘚類の仲間は苔類よりも複雑になります。

大きくわけると
①晩秋から初春にかけて
②春か初夏にかけて
の2つの胞子散布季節があるようです。

晩秋から初春にかけて胞子を散布する苔

晩秋から初春にかけて胞子を散布するものに
スギゴケの仲間であるコスギゴケがあります。

緑色の植物体の先端に胞子の元になる白っぽいものが
2cmほどの長さに伸び、先端部分が筒状に膨らんで胞子嚢となり
この中で胞子が形成されます。

10月には成熟し11月~12月には胞子をまき初め
2月3月ぐらいまで胞子をまいています。

春から初夏にかけて胞子を散布する苔

春から初夏にかけて胞子をまく種類としては
タマゴケやヒョウタンゴケがあります。

これらの胞子体は12月に少し伸び始め
春には蒴柄が伸び、5月頃には胞子嚢が成熟します。

環境によって異なる苔の胞子散布タイミング

このように苔の種類によって胞子散布の季節が決まっています。
しかし、同じ種類であっても日本の北と南、低地と高地など
環境が変われ胞子散布タイミングも変わってきます。

また、同じ環境の場所でも年によっては
胞子の散布タイミングは異なります。

1つの群落でも胞子嚢の成熟にズレがあり
2~3ヶ月かけて群落のあちこちで胞子をまいています。

どんなものにも例外はありますが
例外としてギンゴケが挙げられ
春と秋の年2回胞子を散布します。

種類によって胞子の散布季節に違いがありますが
どんな意味があるかはまだはっきりとわかっていないみたいです。

<まとめ>

・苔の胞子散布タイミングは種類によってことなる
・同じ苔の種類でも北か南、高度など環境によって胞子散布タイミングにばらつきがる
・同じ環境で生息する苔でも年によっては胞子散布タイミングにばらつきがある
・なぜ苔の胞子散布季節に違いがあるかわかっていない

十分な太陽光でも日陰の光合成スタイルの苔

CATEGORY: 苔について

■植物は生息している環境の光量に合わせ光合成の仕組みを変えている

全ての植物は太陽の光で光合成を行い生きています。
しかし、その太陽の光も全ての場所に同じ光量が降り注ぐわけではありません。

場所によって光の届く量が変わり、日当たりのよい場所や
わずかな光しか届かない森林の下など様々な環境があります。

植物は動物のように自ら自由に動くことができないため
生えている環境の光量に合わせて光合成の仕組みを変化させています。

日向で生きている植物は、明るくて強い光条件の時に十分な光合成を行えるよう、
森林の下など日陰で生きている植物は、暗く弱い光条件で十分光合成が行えるよう進化しています。

日向で明るく強い光に適応した植物は日向植物。
日陰で暗く弱い光に適応した植物を日陰植物と呼ばれています。

■苔は日陰でも日向でも同じ光合成の仕組み

苔は植物なので光合成を行い生きています。
多くの皆さんは苔はじめじめした日陰で生きている、と認識しているかと思いますが
直射日光が当たる乾燥した日向で、生きている種類もある程度存在ます。

実は苔も他の植物と同じように、生息している光環境に合わせた光合成の仕組みを持っています。

森林の下など日陰に生息している苔は暗く弱い光で光合成が行える仕組みを持っています。
この流れから考えると、「日向に生きている苔」は日陰と逆に進化しているとおもいきや
日陰で生息する苔と同じ条件、つまり暗く弱い光で光合成が行える仕組みを持っているのです。

一体なぜでしょうか?
苔と水分の関係から説明することができます。

苔は体の水分を保持する特別な機能をもたないため、
日向で生きている苔は、天気の良い太陽光が強く当たる時
急速に体内の水分が失われてしまうのです。

苔はカラカラに乾ききってしまうと光合成・呼吸を止めて生命活動を停止するという特徴があります。
そして、雨や霧 朝露夜露などのタイミングで水分を吸収し再び生命活動を始めるのです。

日向の苔が水分を得られるタイミング、雨や霧 朝露夜露の時間帯は
暗く弱い光しか得ることができません。

この苔の条件と環境に適応したため、日向で生息する苔は
暗くて弱い光の条件に適応していったのです。

■水分が得られているかどうかが大事

では日向に生えている苔は、十分な水分が得られている湿った環境であれば
晴れた日の強い光で、十分に光合成を行うことが出来るのでしょうか。

湿地と乾燥地の両方で生息している苔の研究結果では
湿地ので生息している苔は、晴れた強い太陽光を
乾燥地で生息している苔は、雨など弱い太陽光で光合成を行っているそうです。

これらのことから、苔は「水分を得て湿っている」時の光の条件が重要ということになります。

【まとめ】
・植物は光量に合わせて光合成の仕組みを変えている
・苔も同じように環境にあわせて光合成の仕組みを変えている
・苔は日陰も日向も暗く弱い光で光合成を行っている
・水分を得た環境の光量で光合成を行う

ホソバオキナゴケを活用した玄関リフォーム事例

CATEGORY: お客様の声

先月ご相談から始まりましたホソバオキナゴケを中心とした
玄関リフォームの事例をお客様から頂きました。

施工事例を詳しくお聞かせ頂きました。
以下、お客様の施工事例になります!

▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

◆苔を中心にした玄関リフォーム◆

◆玄関周りにある庭が、荒れ放題。◆

自宅は、直接、道に面している小さな庭がありますが、
管理が全く出来ていませんでした。

そこで、“ぱっと見てきれいで、季節の移ろいが感じられる庭を、
出来るだけ管理を楽にする。”という考えてやってみました。
最初は、芝生にするイメージがありました。

ところが、芝の管理の問題や、置きたい植栽が和洋混在しているので、
芝生以外の選択肢を探していると、マット状になっている苔?
の存在を知り、調べていると次第に、気持ちが苔に傾いていきました。

◆苔を張る前に、周りをきれいに◆

ハッピーモスさんの池田さんとメールのやりとりをしていると、
せっかく苔を張るなら、苔を張る周辺を、きれいにしたほうがいいなと思うようになりました。

自分で、錆だらけのサッシを磨いたり、外壁のツタを除去したりと。
さすがに、コンクリートの汚れは無理なので、
専門の清掃業者であるハウスクリーン岡山さんにお願いしました。

後は、左側ブロックを解体し、
植木鉢などを乗せる花台をコンクリートで作りました。

◆プランターに苔を張るのも、池田さんのアドバイスを◆

前後しますが、苔の緑で広がりを出したくて、プランターにも、苔を張ってみました。
ところが、プランターに土を入れて、苔を張るといっても、単純ではありません。
そのまま水を与えると、土が流出し、下のコンクリートを汚してしまう心配がありました。

またまた、池田さんにメールをして相談、とある方法を教えて頂き、無事に解決。

プランターは、WOODPRO製のプランターで、長めの150cmを発注しました。
プランター自体木製なので、超強力防水スプレーを吹き付けて、劣化防止に努めました。

◆今後の植栽計画とリフォームについて◆
晩秋から春 ヒューケラとアイビーの寄せ植え
夏から秋  鉢植えの紅葉と風知草 ミズトクサの盆栽
春だけスポット 桜の盆栽を置いて、苔の上に、ピンク色の花びらを散らせたらと思っております。
次に、この苔に合うような玄関ドアの交換と壁面のリフォームの予定です。

◆ハッピーモスの池田さんとのやりとりを通じて◆
園芸に詳しくない素人の私が、リフォームをするにあたって小さな不安がありましたが、
その不安を一つ一つ解決してくれたのが、とても助かりました。

苔を扱う業者がありますが、池田さんの苔に対する熱い想いがある方なので、
苔を買おうと悩んでいる人なら、電話で彼の声を聞いてみるのも、いいかもしれません。
私がそうでしたから。

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

ありがとうございました!
苔に関するご質問があればお気軽にお問い合わせ下さい^^

池田将人

クローンで増える苔

CATEGORY: 苔について

よく管理された苔庭では、ホソバオキナゴケやオオスギゴケ
ハイゴケなど少数の種類が広い面積を占めています。

同じ傾向は自然界の中でみることができ
例えば針葉樹林ではイワグレゴケやタチハイゴケが
大きな集団を形成していたり、寒帯に広がる混交林では
いけどいけども二種だけが見渡す限り広がります。

イワダレゴケとタチハイゴケ以外にも
コウヤノマンネンゴケは山道沿に広がる群落をつくるなど
多くのコケ植物が集団をつくっています。

有性生殖をおこなわない種類の場合
おそらく日本にあるすべての個体が
同一の下部からできたクローンである可能性があります。

中部地方の唐松林ではテヅカチョウチンゴケという
蘚類の仲間を調査したところ数キロ離れた二カ所で計100の個体が
すべて遺伝的に同じであることがわかりました。

湿地に生えているオオミズゴケはほとんど胞子をつくらないため
クローン集団をつくっている可能性が高く、50m×100mの
オオミズゴケ集団を60箇所調査したところすべてが同一の
個体である結果となりました。

また逆にアカゼニゴケの調査では
数十センチサイズの群落が遺伝的に
複数の個体が混じり合っていることが分かります。

このように、苔の集団ひとつ見ても様々なのです。

環境を受け入れた苔植物

CATEGORY: 苔について

乾燥に対しコケ植物は2つの反応に大きくわけることができます。
積極的に「適応」すること、もう1つが「受容」受け入れること。

組織が複雑化している高等植物では「適応」が発達しています。

高等植物は乾燥に対し
照葉樹は葉の表面に熱いクチクラ層を発達させ
落葉樹は葉を落とすことで蒸散量を抑え
一年草は枯れ種子になって生き残り
サボテンやトウダイグサの仲間は葉がトゲに変化して
蒸散を抑え貯蔵組織を発達させ
灌木類は地下深くの水脈まで根を長く伸ばし
ベンケイソウ科やパイナップル科は夜のあいだ葉の気孔を開き
呼吸による水分消失を最小におさえ
エアープランツは空気中の水分だけで生きてゆける
など様々な手法で「適応」しています。

コケ植物などの下等植物は体の構造が単純なため
高等植物のように工夫しようがありません。

蒸散を防ぐクチクラ層
深くから水を吸い上げる根
貯蔵組織などはなく

茎から蒸散を抑えれるよう表皮を透明にして
直射日光を反射したり乾くと葉を折りたたんだりと
乾燥に対し防御策を施していますが
十分に昨日しているとは言えず「受容」という
生き方を選んだのです。

乾燥すると積極的に乾き、一時的に休眠し
水分が得られたタイミングで水を吸収し
再び光合成を開始しよう

これがコケ植物が周りの環境をあるがままに受け入れる
「受容」の生き方なのです。

この性質はコケ植物や地衣類あるいは少数のシダ植物にみられ
「変水性」と呼ばれています。

受容の特性があるからこそ
河原の岩上や石垣、木の幹など
他の植物が定着しにくい環境dえも
コケ植物は生きてゆけるのです。

また、高山や極地の気温が低い場所でも
乾燥することで細胞内の凍結を避け
普通では生きてゆけない低温でも耐える事ができます。

乾燥耐性が発達している植物は強い光によって起こる
様々な障害にも対応が必要で、光障害の原因で光合成により
生じる活性酸素を制御する能力を身につけています。

このように乾燥を受容したコケ植物は
進化の過程で環境を受け入れてきた歴史があるのです。

胞子の耐久力 ~苔植物~

CATEGORY: 苔について

植物のおしべから花粉が親の場所から遠く離れた
場所まで風にのって飛んでゆきます。

コケ植物にとっての花粉の役割を果たすのが胞子です。

コケ植物の胞子は発芽すると原子体と呼ばれる
コケ植物にだけみられる器官がつくられ
この原子体は葉緑素を含んでいます。

この原子体に新しい植物体の芽が直接つくられ
芽が育って新たな体ができ発芽した新たな植物体をつくる点で
苔の胞子は高等植物と同じ働きをするのです。

胞子は蒴という特別な入れ物の中につくられ
ひとつの蒴の中につくられる胞子の数は種によって様々で
少ないもので直径数ミリの大形胞子を10個ほど
逆にスギゴケ科の蘚類などは小さな胞子を100万個以上つくるそうです。

一般に胞子は丈夫で長持ちし、乾燥する場所に生える種類は
長持ち傾向が強く、標本にされてから数十年後に発芽した事例もあります。

胞子は散布後すぐに発芽するのではなく
多くは土のなかで休眠し外の条件が整ったとき
一斉に発芽するのです。

胞子には有害な紫外線や極度の乾燥、低温に対し強い抵抗性があり
強い風にのった胞子は時に成層圏まで達することがありますが
この過酷な環境下でも生き残ることができるのです。

Copyright(c) 2010 苔 と始めるグリーン生活。小さな緑の小さな幸せ。簡単お手入れ、簡単加工な苔を扱う通販サイト, All Rights Reserved.